ビオダンサ

ビオダンサ(biodanza)とは 

スペイン語で「生命のダンス」を意味します。南米チリの教育者、人類学者、心理学者のロランド・トーロ・マリオ・アラネーダ(Rolando Toro Mario Araneda)が、人間の潜在力の回復をめざして構築したダンスセラピーです。 

 みなさんにとって、踊りとはどんなものでしょう? あまり得意とは言えないけれど、実は、音楽に乗って自由に身体を動かしてみたい、と感じる方は、案外多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ロランド・トーロは、踊ることが人にとって自然な衝動であることに立ち返り、シンプルで象徴的な動きをもとに、ビオダンサを編み出しました。 


ダンスの経験は必要ありません。
人に見せるパフォーマンスではないので、上手い、下手は関係ないのです。 

「今、ここ」に生きているという実感<ヴィヴェンシア>を体験して、忘れていた本来の自分自身を取り戻して、人生の可能性を広げていく体験をしてみませんか?

 

 詳しくはビオダンサ・ジャパンHPをご覧ください。

スケジュール

毎週木曜19:30〜21:30  

(19:00から開場)
*講師の都合により変更する場合があります。

 参加費

初回お試し体験 1000円
2回目以降1回 2000円

4回チケット  6000円(無期限)

 

事前予約が必要です。

https://www.facebook.com/chizuko.page/、

または chizuko.hanaoka@gmail.com
080-3105-7110 (花岡千都子)にお問い合わせ、お申込みください。


8月20日(日)10:30ー12:30
「はじめてのビオダンサ」


8月の神戸ビオダンサのスケジュールのお知らせです。
8月17日まで講師の都合で休講にさせていただきます。

第1回目は8月20日(日)10:30〜12:30 に「はじめてのビオダンサ」のクラスを開きます。
https://goo.gl/sKS7pj

特にビオダンサが初めての方に体験していただくために考案されたクラスです。(経験者の方もご参加いただけます。)

 

 

人はだれでも踊れます。
原始時代から、どの文明でも人々は踊ってきました。

子供の頃は、音楽に合わせて身体を動かしたり、飛び跳ねたりしていたはず。

大人になってからダンス経験が全くない人、ダンスに苦手意識を持っている人でも、
音楽に身を任せて、自然にカラダを動かしたくなる体験をしてみませんか? 

身体を動かしているうちに、思考のおしゃべりはやがて静かになり、カラダと一つになっていきます。

上手い、下手のジャッジは全くありません。
忘れていた身体を動かす喜びを思い出しましょう(^^)

 

7,8月のスケジュール
7月27日(木)19:30-21:30 「四元素 水を踊る」
https://goo.gl/qXZU2Y

8月20日(日)10:30-12:30 「はじめてのビオダンサ」
8月24日(木)19:30-21:30
8月31日(木)19:30-21:30

各クラスともはじめての方の体験参加ができます。
お問合わせは、chizuko.hanaoka@gmail.com(花岡千都子)までお気軽にメールくださいませ(^^)

詳しくはFacebookイベントページをご覧ください。

ビオダンサ・ワークショップ with 内田佳子

(次回は11月12日(日)の予定です。)


ビオダンサ東京スクールディレクターの内田佳子さんが、スペースわにでワークショップを開きます。

ビオダンサの本場の南米ブラジルでビオダンサを学び、東京や世界で活躍中の佳子さんの安定感のある、とても楽しいワークショップを体験してみませんか?

 

内田佳子プロフィール

ブラジル音楽に惹かれ、サンバチームでの活動を経て、ブラジルの住民運動を支援するNGOに参加、ブラジルに留学し、ビオダンサに出会う。サンパウロでファシリテーター認定を得て2006年に帰国。ビオダンサのクラスや養成講座を提供しつつ、自らも様々なワークや勉強会に参加し、心と身体のつながりを探求し続けている。

Impressions